収益物件で賢く稼ぐ方法を知りましょう~ザクザク資産活用~

家

値引き交渉に対応する

集合住宅

家賃

値引き交渉をされても問題無い家賃に設定する事が賃貸経営においては大切になります。今現在はインターネットなどで情報を得る事ができるので、値引きの交渉をしてくる入居希望者の方が多くなっている傾向にあります。入居者を獲得したいと考えて賃貸経営をする上でギリギリの家賃設定にしてしまうと、値引き交渉に対応する事ができなくなります。値引きをする事によってすぐに契約をする方もいるので、値引き交渉の部分が実は非常に大切になりますし、自分の収入が減ってしまう以上に入居者を獲得する事ができるメリットがあります。値引き交渉は面倒だと考えてしまう気持ちも分かりますが、家賃の1割程度であれば交渉に対応する事ができるように少し工夫をして家賃を決定すると良いでしょう。

敷金礼金

また敷金と礼金の部分もしっかりと考えてなくてはなりません。敷金礼金は賃貸経営を行っている側から見れば収入になりますが、契約希望者から初期費用になります。初期費用をなるべくかけたくないと考えている方は非常に多いです。自分の収入を少しでも多くしたいと考えてしまう場合もありますが、欲を出してしまうと入居者を獲得する事ができなくなり賃貸経営を行う事ができなくなります。どちらも一ヶ月程度にしておくと高いと思われてしまう事もありませんし、初期費用の部分の値引き交渉にも対応する事ができます。最初からお金の事を考えるので嫌になってしまう方もいるかもしれませんが、賃貸経営をする側も利用する契約者側にとっても大事になるのでしっかりと考えると良いです。